ストレス性疾患(心身症)

<背景・疫学>
心身症とは、ストレスなど心理的な要因で体に症状が現れる疾患の総称。
ストレスへの反応の仕方は人により異なるため、心身症の疾患はさまざまな形をとって現れる。

発症や経過に心理的な要因が関わっているため、症状のみを治療しても再発したり、別の部位に新たな症状が現れたりすることがある。初期段階では疾患の原因がストレスだということに気づかず、治療を受けても症状が改善しないことから心身症と判明することもある。
日本心身医学会では心身症を以下のように定義している。
「心身症とは身体疾患の中で,その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し,器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし,神経症やうつ病など,他の精神障害に伴う身体症状は除外する。」

<原因>
心身症の原因は、ストレスであると考えられている。
外部からの心身への刺激を「ストレッサー」といい、ストレッサーに適応するための心身に生じる反応を「ストレス反応」と呼ぶ。
ストレッサーを脳の視床下部が感知すると、自律神経系・内分泌系・免疫系の3つのシステムに指令を出して適応することで、体の状態を一定に保とうとする「ホメオスタシス(恒常性)」という機能が働く。
しかし、ストレッサーが体の適応可能な範囲を超えた強いものであったり、長期間持続するような場合は自律神経系や内分泌系、免疫系がホメオスタシスを保てなくなり、心身症を引き起こすことがある。

また、原因となるストレスの種類により次の2種類に分かれる。

現実心身症
大地震など、大多数の人が強いストレスを感じる状況が原因となって起こる心身症。多くの場合、十分な休養や、ストレスとなった状況が解消されることで症状が改善する。

性格心身症
あまり重大ではない状況を過剰に重大なこととして捉えたり、ストレスへの対処が適切でなかったために起こる心身症。症状の改善には身体症状の治療のほか、思考や行動のパターンなど心理的な要素も変えていく必要がある。

心身症の疾患は以下のような形で体に出ることがある。

呼吸器系・・・気管支喘息、過換気症候群、神経性咳嗽
循環器系・・・本態性高血圧症、起立性低血圧症、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)など
消化器系・・・胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群など
内分泌系・・・神経性食欲不振症、(神経性)過食症、甲状腺機能亢進症など
筋、神経系・・・筋収縮性頭痛、片頭痛、慢性疼痛など
小児科系・・・気管支喘息、過換気症候群、憤怒けいれんなど
婦人科系・・・更年期障害、機能性子宮出血、月経前症候群など
耳鼻咽喉系・・・耳鳴り、めまい症(メニエール症候群、動揺病)、心因性難聴など

<一般的治療法>
薬物療法や手術などの内科・外科的治療により、体に現れている症状の改善をはかる。不眠や不安などの症状がある場合は、睡眠薬や抗不安薬、抗うつ薬などの向精神薬が使われることがある。心の問題に対しては、心理療法も有効であると考えられている。

メディカルジャパン新宿

メール予約

【365日年中無休】 9:30~20:30 (年中無休)

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:03-6427-4207

info@medical-shibuya.com

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都渋谷区渋谷2丁目22-11 フランセ奥野ビル8階