消化器系

消化器系/胃炎

<背景・疫学>
胃炎は,粘膜傷害の度合いに応じて,びらん性と非びらん性に。
炎症部位によって分類することもできる(例,噴門,胃体部,前庭部)。
また、炎症性細胞の種類によって,病歴的に急性と慢性に分けることもできる。
急性胃炎・・・胃前庭部と胃体部の粘膜の多形核細胞の炎症
慢性胃炎・・・ある程度の萎縮(粘膜機能の喪失を伴う)や化生をみられるもの

<原因>
急性胃炎の場合
一般的には心理的ストレス、薬(特にNSAID),アルコールが挙げられ、他に放射線,ウイルス感染(例,サイトメガロウイルス),心臓の外傷,ヘリコバクター・ピロリ菌、直接的な外傷(例,鼻腔栄養チューブ)など、これらの攻撃因子に対して、粘膜の防御因子(HCO3などの胃酸中和作用、セクレチンなどの消化管ホルモン)が低下することで起こるとされる。

慢性胃炎の場合
長期にわたり胃炎が持続している状態のこと。
アルコール、コーヒー、タバコ、ストレスなどが原因であったり、加齢に伴う変化として慢性胃炎が発症すると考えられていたが、最近ではピロリ菌の長期感染によって慢性胃炎が引き起こされることが分かってきている。

<一般的治療法>
治療は主に,制酸薬,H2ブロッカー,プロトンポンプ阻害薬の投与と同時に,増悪させる可能性のある薬や食べ物を避けるという対症療法が行われる。
ピロリ菌感染が疑われる場合には抗菌薬などによる除菌が行われる。

胃・十二指腸潰瘍

<背景・疫学>
消化管粘膜の剥脱した分節で,典型的には胃内(胃潰瘍)または最初の数センチの十二指腸(十二指腸潰瘍)で,粘膜筋板を貫通するものをいう。

<原因>
胃炎と同じく、攻撃因子と防御因子のバランスが崩れたことが原因となることが多いとされる。

特徴的な所見として、胃潰瘍の場合には食後痛、十二指腸潰瘍の場合には空腹時痛などの症状がみられる。

<一般的治療法>
治療は胃炎と同じく、制酸薬,H2ブロッカー,プロトンポンプ阻害薬の投与、H・ピロリ菌の関与が疑われる場合には抗菌薬の服用などの対症療法の他、潰瘍の深達度によって手術療法が用いられている。

,h2<胃酸過多症

<背景・疫学>
医学的な病名ではなく胸やけや胃酸の口腔内への逆流が自覚される場合に用いられている病名。

<原因>
胃への攻撃因子である胃酸と、胃の防御因子である胃粘膜の作用のバランスが崩れて攻撃因子が優勢になると「胃酸過多」となり、胃酸によって胃粘膜が傷つけられてしまい、胃炎や胃潰瘍などにつながる。

<一般的治療法>
治療は神経性胃炎や逆流性食道炎に準じてH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)が処方される。

胃下垂

<背景・疫学>
胃が正常な位置よりも垂れ下がっている状態をいう。重症になると、骨盤の位置まで胃が落ち込むこともあるとされる疾患。さまざまな腹部症状を訴える方がいる一方、無症状の場合もあり、特有の症状がないことなどから、西洋医学では病気として扱われない場合も多くある。

<原因>
胃を支える筋肉や、脂肪の少ない痩せ型で長身の人がなりやすいといわれるが、腹壁の緊張の変化や、痩せすぎによる腸壁の脂肪不足、腹圧の低下など、複合的な要因で起こると考えられている。また、暴飲暴食、過労、不安などによるストレスや、腹部の手術、出産などを繰り返した場合、急速な体重減少などが関連しているとする説もある。

<一般的治療法>
基本的に治療は必要とされず、腹部膨満感、食後のむかつき、吐き気・ゲップなどの症状のような煩わしい症状が続くときは、胃腸機能調整薬や消化酵素薬などを処方されることがある。

胃痙攣

<背景・疫学>

胃の痛みや悪心・嘔吐といった症状のこと。
胃痙攣はあくまでも症状であり病名や疾患名ではなく、対処法や治療、予後は原因によって異なる。

<原因>
様々な疾患が胃痙攣を引き起こすが、病気だけでなくストレスや緊張なども胃痙攣を起こす。
頻度の高い疾患は下記のもの。

胃の疾患:慢性胃炎、胃潰瘍、胃炎、アニサキス症、胃がん
腹腔内の疾患:膵炎、虫垂炎、胃腸炎、胆嚢炎・胆管炎

特に重篤な疾患としては、急性膵炎、胆嚢炎・胆管炎、胃がんなどがある。
それぞれの特徴的な症状として以下の症状が伴う。
・膵炎:心窩部と背部に強い痛み
・胆嚢炎/胆管炎:右上腹部の痛み、高熱
・胃がん:吐血  

これらは生命に関わる重篤な疾患で、その他の病気との鑑別が重要。
上気のような症状がある場合には緊張の対応が必要。

<一般的治療法>
胃痙攣がある場合には、原因を調べることが最も重要だが、同時に痛みを抑える対症療法が行われている。

慢性肝炎

<背景・疫学>
慢性的に肝臓に炎症を生じる疾患。肝炎が6か月以上持続していると、慢性肝炎と診断される。

<原因>
原因としてはB型肝炎、C型肝炎が大部分ですが成因不明の場合も稀にある。
現在日本では慢性肝炎の70~80%がC型肝炎ウイルス、15~20%がB型肝炎ウイルスにより発症すると言われている。
アルコール性、薬害性などの肝炎が慢性へと波及する場合もあるが多くは肝炎ウイルスによるものである。

<一般的治療法>
肝炎ウイルスが原因の場合にはペグインターフェロンなどの抗ウイルス薬の注射を行う。また慢性肝炎の症状に応じた対症療法や手術療法が行われる。

胆石症

<背景・疫学>
胆石症とは、胆のうや胆管に石ができて、時に痛みなど様々な症状を引き起こす病気の総称であり、結石の存在する部位により、胆のう結石、総胆管結石、肝内胆管結石と呼ばれ、一般的には胆のうの中に結石が出来る胆のう結石を胆石と呼んでいる。

<原因>
多くはコレステロールの増加によるもの。
胆汁の中のコレステロールは胆汁酸やレシチンによって溶かされた形になっているが、高エネルギー、高コレステロールの食事を続けていると胆汁の中のコレステロールの量も増加する。
この結果、過剰なコレステロールが溶かされないまま結晶化して石になる。

<一般的治療法>
・外科手術(腹腔鏡下手術、開腹手術)
・胆汁酸溶解療法
・体外衝撃波粉砕療法(ESWL)

腸炎

<背景・疫学>
腸炎とは、小腸や大腸などの腸に炎症が生じた状態を指す。
原因はさまざまで、ノロウイルスやロタウイルスをはじめ、抗菌薬など薬剤が原因となったり食事(過食など)が原因となることもある。
また、影響を受ける腸の範囲、病状の進行具合などは実に多彩であり、ひとつの病気を特定して指すというよりも、複数の病気を包括的に指す疾患概念。

<原因>
日常的によく起こるのは、ウイルスや細菌などの病原体に感染することによって引き起こされる腸炎。

原因となる病原体には、ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルス、カンピロバクター、O-157大腸菌などを挙げることができる。感染症によるものは、嘔吐物や糞便中に含まれる病原体に対して経口感染をするものがある一方、病原体に汚染された食べ物を摂取して食中毒として腸炎が発症するものもある。

また、潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患に関連して腸炎が発症することもある。これらは、遺伝的な要因や食事因子、免疫異常などが複雑に関与して発症すると考えられている。

そのほかにも、抗菌薬や抗がん剤などの薬剤の影響によって生じることもある。
また、アレルギー、虚血、寒冷刺激などの物理的な要因、食事(過食やアルコールなど)などによっても引き起こされることがある。

<一般的治療法>
腸炎では、吐き気や嘔吐、下痢などに対しての制吐剤や整腸剤などを併用しながら対症療法を行われる。脱水にならないように、水分をしっかりと摂取することも推奨され、また、原因に応じてより根治的な治療も行われる。

下痢

<背景・疫学>
主に消化機能の異常により、人間を含む動物が患う症状であり、その際の便は軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)ともいう。
東洋医学では泄瀉(泄は大便が希薄で、出たり止まったりすること。瀉は水が注ぐように一直線に下る)とも呼ばれる。
世界では毎年17億人が発症し、また毎年76万人の5歳以下児童が下痢により死亡しており、発展途上国では主な死因の1つとなっている。

<原因>
腸管における水分吸収・分泌作用、または蠕動運動の亢進によって起こる。
急性下痢・・・ウイルス性、食中毒、薬の副作用
慢性下痢・・・過敏性腸症候群(IBS)、炎症性腸疾患、薬の副作用、吸収不良

<一般的治療法>
可能であれば、下痢の原因に対して治療が行われる。
例えば、食事や薬が原因の場合はそれを避け、腫瘍は切除し、寄生虫感染症の場合はそれを根絶する薬が投与される。しかし、多くの場合は自然に治る(ウイルス感染による下痢は、通常24~48時間で自然に回復する)。
脱水を避けるための水分補給の指導や、腸の筋肉を弛緩させ、便が腸を通過するのを遅くする薬などが処方される。

便秘

<背景・疫学>
 便秘の有症率は一般人口の 2 ~ 28%とされ、その定義や調査方法によって大きく異なるが、平成 28 年の国民生活基礎調査によれば、有訴者率は男性 2.5%、女性 4.6%で、20 ~ 60 歳では圧倒的に女性が多く、60 歳以降は男女とも加齢に伴って増加し、80 歳以上の高齢者では男女差がなくなる。

<原因>
器質性便秘と機能性便秘に分けられ、それぞれで原因が異なる。
器質性便秘の場合、腸の狭窄により起こるものでは、大腸がん、クローン病、潰瘍性大腸炎などが挙げられる。何らかの器質的異常を伴うもので、腸管の異常、隣接する腹腔内臓器の炎症、腫瘍などにより腸内容物の通過障害を現すものや内分泌疾患、神経疾患、糖尿病、薬物中毒などによる腸管運動の麻痺によって便秘が起こる。

機能性便秘の場合、一過性便秘、習慣性便秘、弛緩性便秘などがある。
排便抑制の習慣や、慣れない環境などへのストレス、喫煙などによって発症する。

<一般的治療法>
浸透圧性下剤や浸潤性下剤が用いられる。
またトイレの時間に余裕を持つ、食物繊維が多い食事をゆっくりと噛んで食べること、水分補給、軽い運動などが求められる。

渋谷総合治療センター

渋谷総合治療センター

150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目22−11
フランセ奥野ビル8階【すしざんまいさんのビル】

完全予約制(当日予約可)Tel.03-6427-4207

【365日の年中無休】
受付時間
 午前9:00〜14:30
 午後15:30〜21:00
24時間体制の救急受付ダイヤル
※新患随時受付中
【往診】【来院】
090-9819-9173

メール予約