実は季節の変わり目は、ぎっくり腰の患者さんがとても多くお越しになります。

今回は改めてぎっくり腰とは何か、そして予防や対策をお伝えします。

ギックリ腰とは

病名でいうと急性腰痛。

急激な筋肉の過緊張から起こる筋性腰痛や

筋肉が収縮し腰椎の関節圧迫され摩耗し炎症が起こる関節性腰痛があります。

発症は重いものを持った時や椅子から立ち上がる時、くしゃみをした時など様々ですが、もともとは蓄積された腰へのストレスが突発的に現れたものです。

原因としては普段からの姿勢の悪さや運動不足などが主な原因です。

対策と施術

患部を冷やし炎症を抑える。

痛めた時の姿勢を避けるために就寝時以外はコルセットなどで固定し安静にします。

炎症している時は湯船に浸かると痛みが強くなるので避ける。

炎症が少しづつおさまってきたら出来るだけコルセットを外し少しづつ歩く距離を伸ばすなどをして無理のない範囲で適度な運動をしましょう。

ギックリ腰をしっかりとした処置もせず放っておくと、治りが遅いだけでなく骨格も歪んだままなのでまた早くに再発する可能性が高いです。

腰椎ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症などの二次的な症状も発症する恐れもあるためしっかりと専門医に診てもらいましょう。

予防

ぎっくり腰の予防には普段から腰のストレッチや適度な運動をして筋肉を伸ばし暖めることが大切です。そして骨格の歪みがでないように筋トレもある程度必要になります。

 

当センターでの施術

当センターでは先を見据えた治療と再発予防を考え、ピラティスや加圧トレーニングで、腰部だけでなくカラダのバランスを整えていく姿勢改善や骨格を維持するための筋力アップを図っていきます。

また普段の私生活で身についてしまった悪い癖を治していけるように歩行指導や姿勢指導をしております。

腰に違和感のある方、一度ぎっくり腰をやってしまったことがある方、

予防がとても大切になります。

当センターでは国家資格をもった施術者が、その方の状態に合わせてオーダーメードで最適な施術をしてきます。

はっと思われた方、是非一度でご相談くださいね。

渋谷総合治療センター

東京都渋谷区渋谷2-22-11

渋谷フランセ奥野ビル8階

03-6427-4207

 

渋谷総合治療センター

メディカルジャパン渋谷

150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目22−11
フランセ奥野ビル8階【すしざんまいさんのビル】

完全予約制(当日予約可)Tel.03-6427-4207

【365日の年中無休】
受付時間
 午前9:30〜
 午後20:30
24時間体制の救急受付ダイヤル
※新患随時受付中
【往診】【来院】
090-9819-9173

メール予約