頭痛

頭痛
痛みが生じた際は、国家資格者のいる病院・治療院に行きましょう。
早い段階での処置を誤ってしまうと大変です。

頭痛は大きく分類すると以下の4つになります。

  1. 筋肉性頭痛(筋緊張性)
  2. 背骨性頭痛(ストレートネック)
  3. 顎関節性頭痛(がくかんせつ)
  4. 血行性頭痛(片頭痛)

1、筋肉性頭痛(筋緊張性)

原因 負担のかかる姿勢が続いたことによる、頭部や頚肩部の筋肉疲労。
PC作業などによる眼精疲労から発生する、頭部や眼の周囲のむくみ。
当院の施術法 頭部の指圧により緊張を緩和。
首や肩、腕などの、頭痛に関連するツボに鍼灸。
眼の使い方などのビジョントレーニング。
後頚部を温めて血行を改善。医療器を使用した筋肉の再教育。

筋肉性頭痛を早く改善するために、状態をしっかりと見極めて正しいアプローチと対策をしていきます。

アプローチ例
疲労とむくみの除去
疲労やむくみの除去
眼のトレーニング
眼のトレーニング
ツボへのお灸
ツボにお灸

その方に合わせたカウンセリング・カスタマイズ・オーダーメード施術をしていきます。

2、背骨性頭痛(ストレートネック)

原因 背骨周辺の筋肉の緊張が強く、背骨の動きが低下。
事故やスポーツによる非常に強い衝撃により、背骨自体が損傷。
不良姿勢や老化による筋力の低下・背骨の変形。
当院の施術法 背骨自体に損傷がない
背骨に動きを作るソフトタッチ。
背骨周辺の筋肉を緩めるマッサージ。
背骨自体に損傷・変形がある
背骨の安静保持。
背骨を支える筋肉を強化する体操を指導。
アプローチ例
関節をピンポイントで温めます
関節をピンポイントで温める
背骨リセット体操
背骨リセット体操
背骨関節面へのアプローチ
背骨関節面へのアプローチ

その方に合わせたカウンセリング・カスタマイズ・オーダーメード施術をしていきます。

3、顎関節性頭痛(がくかんせつ)

原因 打撲などの強い衝撃によるあごのゆがみ。
噛み癖や偏った体の使い方によるあごのゆがみ。
無呼吸や睡眠時の噛みしめから発生するあごの過緊張。
当院の施術法 枕検査を行い、あごの安定性を高める。
あご付近の筋力バランスを整える筋力トレーニングやマッサージ。
あごの関節自体へのアプローチ。
左右の脚長差を整えて、あごにかかる負担を軽減。

顎関節性頭痛を早く改善するために、あごに関連する筋力バランスや重力ルールを理解し、下肢のバランスまで考慮して正しいアプローチと対策をしていきます。

アプローチ例
上手に使えてない筋肉の再教育
上手く使えていない筋肉の再教育
呼吸音測定と胸鎖乳突筋のリラックス
呼吸音測定と胸鎖乳突筋のリラックス
下肢のバランス検査
下肢のバランス検査

その方に合わせたカウンセリング・カスタマイズ・オーダーメード施術をしていきます。

4、血行性頭痛(片頭痛)

原因 自律神経(交感神経・副交感神経)の切り替えスイッチの乱れ。
当院の施術法 上半身や腕のマッサージによる血行改善。
首や肩、腕などの血行と自律神経に関連するツボにお灸。
自律神経を調整するトレーニング。
体温調整のための鍼灸。

血行性頭痛を早く改善するために、状態をしっかりと見極めて正しいアプローチと対策をしていきます。

アプローチ例
頭部への過度の血行を他へ誘導
頭部の過度の血行を他へ誘導
自律神経鼻呼吸トレーニング
自律神経鼻呼吸トレーニング
頸動脈洞へのお灸
頸動脈洞へのお灸

その方に合わせたカウンセリング・カスタマイズ・オーダーメード施術をしていきます。

渋谷総合治療センター

渋谷総合治療センター

150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目22−11
フランセ奥野ビル8階【すしざんまいさんのビル】

完全予約制(当日予約可)Tel.03-6427-4207

【365日の年中無休】
受付時間
 午前9:00〜14:30
 午後15:30〜21:00
24時間体制の救急受付ダイヤル
※新患随時受付中
【往診】【来院】
090-9819-9173

メール予約