【ゴルファーへの専門プログラム】

いつまでも痛みに負けずプレースタイルを変えずにゴルフを楽しみたい方へ

メディカルジャパンでの《ゴルファーへの専門プログラム》は、ゴルフ特有の症状に対しての医療的な治療と、パフォーマンス向上へのサポートケアを行います。

《ゴルファーを悩ませる痛みの原因と障害》

ゴルフのプレー動作を分類すると、大きくは下の3段階になります。中でも1番トラブルの原因となりやすいのは、1のドライバーショットです。

また、バックスイング・インパクト・フォロースルー時で区分けすると、インパクト時の怪我(障害)が多いのが特徴です。

怪我をしやすい部位は

1.手首…ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

使いすぎの負荷により母指の腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷み刺激することで、悪循環が生じると考えられています。
特に、手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、狭窄が起こりやすくなります。

整形外科での腱鞘内ステロイド注射は、2回までは有効ですが、それ以上はエビデンスがなく腱の硬化が生じてしまいます。

そのようなリスクを考えると、基本的な保存療法弊社の530治療器超音波治療器での治療が有効です。

※オリンピック選手団が海外へ持参する機材になります 製造元リンク http://www.medical.itolator.co.jp

2.腰…腰椎ヘルニア・腰椎症

腰椎は基本的にねじれない骨です。

多くのゴルフ文献に「腰を回旋」と書かれています。しかし、腰を回旋することは、腰への負担、損傷リスクを高めます。
運動生理学的には、腰の回旋ではなく骨盤帯の回旋で、股関節面での動きが必ず起こります。

上図のように、腰椎は椎間関節により回旋動作にはロックが生じるため、無理な「腰の回旋」は腰椎の損傷を起こす原因になります。また、腰椎椎間板は圧迫だけでなく側屈・回旋力にとても弱いです。

ヘルニアの脱出方向を考えると、ヘルニアになる方の腰椎には必ず無理な側屈・回旋動作が働いてます。

腰部の治療として、重度の【脊柱管狭窄症】以外のオペはおすすめしません。
以下のガイドラインには、8年で23%の再発、新規の発生はその10倍とされてます。
https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0017/G0000309/0052
実際、オペによる筋肉、靭帯、骨の損傷リクスを考えると、保存療法(PRICES処置)が1番安全性が高くなります。

PRICES処置は以下の6つの処置から成り立っています。

  • “P”保護 (Protect)

  • “R”安静 (Rest)

  • “I”冷却 (Ice)

  • “C”圧迫 (Compression)

  • “E”挙上 (Elevation)

  • “S”安定・固定 (Stabilization/Support)

3.肘…外側上顆炎・内側上顆炎

治療は基本的に保存療法(PRICES処置)となります。

前腕の筋肉の使い方を世界的に研究している機関 http://www.bristol.ac.uk/news/2017/october/echoflex.html

前腕の筋肉は操作により5センチ程度収縮します(ゴルフ肘に関係する筋肉が存在する部分)。

つまり、肘の痛む筋肉・腱の付着部位は安静保持し、手や指を動かす筋肉の筋腹は正しくリリース(緩める)することで改善のサポートとなります。

※リリースは正しい方法・方向・強度がありますので、必ず専門科にご相談ください

4.手…ばね指(弾発指)

親指、人差し指のA1プーリーに多発します。A1プーリーは【No man’s land】と言われる部分で、血流が乏しく治療をしても成果が出づらい、手をつけてはいけない領域とされていました。

しかし近年、手の外科が飛躍的に進歩し、専門医の腱鞘内ステロイド注射は2回までは有効と考えられていますが、3回目以降は保存療法がメインとなります。1のドケルバン病と同じく弊社にある530治療器超音波治療器は有効です。

狙うべき筋肉は以下の3つです。

※3の外側・内側上顆炎に記載した通り、正しい方法・方向・強度のリリースはとても有効です。
5 肩・肩甲骨…後方四角腔絞扼障害・肋骨疲労骨折(ゴルファー骨折)

5-1.後方四角腔絞扼障害

上腕骨外科頚、上腕三頭筋長頭、大円筋、小円筋に囲まれた狭い空間を、腋窩神経が通過してます。スイング動作でのフォロースルー時、緊張もしくは伸ばされる筋により腋窩神経が絞扼され、右図の部分に違和感や痛みが生じます。

※使いすぎによる筋損傷とは異なります。

治療は絞扼している筋に対して、530治療器・筋のリリース行います。患者さんの感受性によっては鍼灸も有効です。

5-2.肋骨疲労骨折(ゴルファー骨折)

骨折に関しては安静保持超音波治療がメインになります。超音波の細かな振動は1秒間に300万回になります。その振動がジュール熱を発生させ、損傷の治癒に役立ちます。

《メディカルジャパンにしか出来ない介入例》

●体幹筋バランスレッドコードトレーニング

●四肢筋力増強に行う加圧トレーニング

マイオトレッドミルを使用したゴルフ用専門インソール

重心動揺測定

メディカルジャパンには、ゴルフに詳しい職員が多いのが特徴です。本物はここにあります。是非ご相談ください。

メディカルジャパン新宿

メール予約

【365日年中無休】 9:30~20:30 (年中無休)

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:03-6427-4207

info@medical-shibuya.com

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都渋谷区渋谷2丁目22-11 フランセ奥野ビル8階