寝違え

寝違え

寝違えでお困りの方へ。
安心の国家資格者による施術にて寝違えをしっかり改善していきます。

寝違えとは?

眠っていて目が覚めた時に、首の後ろや肩にかけての痛みが出る場合や、いわゆる「寝違え」といいます。
首を動かすと痛みが出るときもありますし、痛みで首を動かせない時もあります。
日常生活もままならないことがあり、早期改善が必要です。

検査や画像でとらえられるような変化がないのが一般的で、正確な原因があるという証拠はありません。

診断としての寝違えは、数時間から数日で症状は改善するとされています。 また、朝の不調はなかったにも関わらず、長時間のPCなど、首に過度の負担がかかることにより、寝違えのような症状を引き起こすこともあります。

首、肩の痛みの原因は様々です。頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症性神経根症、頸椎症性脊髄症、強直性脊椎炎、関節リウマチなど本格的な症状も考えられます。 自己判断で寝違えを疑うのではなく、弊社にご相談ください。

原因

睡眠中や生活の中での不自然な姿勢、負担のかかりやすい姿勢が続いたために、筋肉への血流が悪くなり虚血状態になることや、いつもはしないスポーツや労働により筋肉が痙攣し、頸椎の椎間関節の関節包に炎症がおこることなどが原因として考えられます。

一般的治療法
保存的療法①安静②薬物治療(湿布、軟膏)
※マッサージやストレッチは状況によって有効な場合もある(悪化の可能性もあり)

メディカルジャパンにしかできない介入例

弊社には、上記症状を抱えてくる方が多く来院しています。
ただマッサージして終わりではなく、弊社にしかできないエコー検査や徒手検査を用い、正しく診断を行い、原因を見極め治療していきます。
患者様一人一人に合った、立ち方・座り方など姿勢指導に加え、再発予防のため、寝具の環境設定のサポート(枕診断)もしています。
私達と健康で豊かな輝かしい人生を送りましょう。

患者様に一人一人にあった立ち方や座り方をお伝えし、再発しない強い身体作りをお手伝いしていきます。
私たちと健康で豊かな輝かし人生を送りましょう。

予防法やリハビリプログラム

日常生活でかかる、首への負担を減らすこと。睡眠時の正しい環境設定。など現状の改善が大きな予防になります。 寝違えは安易に考えられがちですが、痛みを感じている時点で、目には見えないレベルでの筋線維のダメージは起こっています。 傷口を広げるような無理なマッサージ、ストレッチを行うのではなく、安静、適切な処置にて、症状が長引かないよう、一緒に治療していきましょう。

来院された方の喜びの声

痛みの強さに差はあるものの、週1くらいのペースで寝違えていて、調子のいい日があまりない状態でした。治療が始まってすぐ、首の向き?角度に癖があるのは自覚してますか?と言われ、全く気付いていなかったので、驚きでした。少し右を向いたような形で、顎が少し上がったような状態で癖づいてしまっていて、常に首の筋肉を捻ったような状態にあるという事でした。よく考えると、仕事中、無意識にその状態でいることが多く、言われた通り、その状態が一番楽になっていました。そんな状態で寝ていれば確実に寝違えまっしぐらです。マッサージに加え、鍼で凝り固まった筋肉をほぐしてもらい、あとは正しい状態をどれだけキープできるようになるかですという事で、今頑張って姿勢改善中です。治療後から寝違えの頻度が劇的に減り、寝起きのすっきり感も良くなった気がします。それでもまだ、筋肉の硬さは残っているので、継続で治療も受けたいと思います!

参考文献

‘’日本整形外科学会「寝違え」‘’<https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/sprained_neck.html>


渋谷総合治療センター

メディカルジャパン渋谷

150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目22−11
フランセ奥野ビル8階【すしざんまいさんのビル】

完全予約制(当日予約可)Tel.03-6427-4207

【365日の年中無休】
受付時間
 午前9:30〜
 午後20:30
24時間体制の救急受付ダイヤル
※新患随時受付中
【往診】【来院】
090-9819-9173

メール予約