便秘

<背景・疫学>
 便秘の有症率は一般人口の 2 ~ 28%とされ、その定義や調査方法によって大きく異なるが、平成 28 年の国民生活基礎調査によれば、有訴者率は男性 2.5%、女性 4.6%で、20 ~ 60 歳では圧倒的に女性が多く、60 歳以降は男女とも加齢に伴って増加し、80 歳以上の高齢者では男女差がなくなる。

<原因>
器質性便秘と機能性便秘に分けられ、それぞれで原因が異なる。
器質性便秘の場合、腸の狭窄により起こるものでは、大腸がん、クローン病、潰瘍性大腸炎などが挙げられる。何らかの器質的異常を伴うもので、腸管の異常、隣接する腹腔内臓器の炎症、腫瘍などにより腸内容物の通過障害を現すものや内分泌疾患、神経疾患、糖尿病、薬物中毒などによる腸管運動の麻痺によって便秘が起こる。

機能性便秘の場合、一過性便秘、習慣性便秘、弛緩性便秘などがある。
排便抑制の習慣や、慣れない環境などへのストレス、喫煙などによって発症する。

<一般的治療法>
浸透圧性下剤や浸潤性下剤が用いられる。
またトイレの時間に余裕を持つ、食物繊維が多い食事をゆっくりと噛んで食べること、水分補給、軽い運動などが求められる。

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ


メディカルジャパン新宿

メール予約

【365日年中無休】 9:30~20:30 (年中無休)

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:03-6427-4207

info@medical-shibuya.com

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都渋谷区渋谷2丁目22-11 フランセ奥野ビル8階

アクセス詳細